お片づけと、読書で泣く




昨日はヨンコの日曜参観でした


参観なので、写真を撮れないのが口惜しいけれど、親子体操と親子製作、どちらもミンタにかなり手伝ってもらいました


お兄ちゃん大好きなヨンコの嬉しそうな顔がとってもかわいかったです



というわけで代休だった今日。



午後は、ヨンコと遊びに行く予定があったのですが、午前中はずーっとお掃除をしていました



きっかけは、ミンタ



実は昨夜、もうしっちゃかめっちゃかになっているミンタの部屋を、



「もう明日、片付けや。」


とほとんど強制的に決めて通達(?)したんですね。



日を決めないといつまでもほっとくしねー。



で、ぐだぐだぐだぐだ文句を言って、片づけを嫌がっているミンタに、ベッドに入りながら、



「まあ全部やれとは言わんやん。


明日は家中掃除するつもりでいるから、ある程度まではヨンコと一緒に片付けといてあげるから。


とにかくまずは、いらないものは潔く捨ててから、



物の置き場所を決めなさい。




今はわちゃ~~~となりすぎてて、どうしていいかわからない感じかもしれんけど、



置き場所さえ決めてしまえば、あとは使ったものをそこへ戻すだけだから。」




と話したんですね。



すると、ベッドの中でなにやらぶつぶつと、



「あれをこうしてこうすると・・・・、入った!」とか言いつつ寝たミンタ。




朝目が覚めるとすぐに部屋に上がったかと思うと、朝ごはんまで1時間弱の間に、




自主的に部屋の片づけを始めた



私もう嬉しくて~~



そしたら、お兄ちゃんがほめられてるのを見たヨンコまで、朝ごはんの後これまた小1時間かけて自分の部屋のお片づけを始めた





そんなこんなで、家中久しぶりに丁寧に掃除機をかけて、ミンタの部屋の拭き掃除もして、ついでに(?)家中の床を拭いたりして。




よく掃除した~





がんばったミンタの部屋☆
きれいな部屋

片付け前がお見せできず申し訳ないのですが、物の置き場を前夜シュミレーションしていたらしく、どこに何をおくのかを彼なりにちゃんと考えたのがよくわかりました



ふふ、どこにミンタのやる気スイッチがあるか、それがどういうタイミングで押されるのか、わからんね(笑)







でもミンタの朝片付けのおかげで、私のお掃除スイッチも入って、家中が久しぶりにすっきりとしました



ミンタ、そしてお兄ちゃんに刺激されて思いっきりお部屋の不用品を処分してくれたヨンコ(笑)、さんきゅ










話は変わって、昨日読んだ本。

とんび


重松清「とんび」




これね、もう返却期限が来てたんだけどまだ読めてなくて、まあいっかもう返そうと思ったんだけど、都合で図書館へ行けなくなったので延長手続きして、時間が出来たので読んだんだけど・・・・





すっごくよかった




父と息子(お母さんは亡くなったの)の物語なのだけど、父子だけじゃなく、周りの人も、みんなみんなあたたかくて・・・・・




息子が出版社の就職試験で書いた作文を、会社の人の計らいで父が読むところで、もう涙腺が決壊してしまいました




重松清さんの本はけっこう好きなのがあるな~。「青い鳥」とか。あとは・・・





思い出せない、すいません








掃除も、読書も、心が洗われますね




そういう時間も大事にして、心を整えなくちゃね☆






明日はパート。しっかりやろーっと♪








茶美。

ちゃみ

ここのところの茶美は、ほんとに私によく甘えてくる。



必ずと言っていいほど私のひざでおもちゃを噛むし。



か~~わいい~~~










ランキングに参加しています。
ポチポチポチっとしていただけると、とっても励みになります♪


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
GO TOP