アナと雪の女王!!!!



今日はヨンコと2人で、映画を観てきました!!


アナ雪!!


アナと雪の女王



公開前からずっと気にはなっていた作品。


映画館にまで行けるかどうかはわからないけれどDVDでもいいから絶対見よう!と思っていたのですが、日が経つにつれてヨンコが、



「アナと雪の女王、学校で女の子たちがけっこう観てるよ!観てる子は何回も見に行ってるんやって。観てみたいなあ」



と言い出した!!




というわけで行ってきました




いや~~~~~、




すっごくよかった




最近のいやなことが頭から吹っ飛びました(笑)





できるものなら何回も観たい。さすがに無理だけど




映画を観たあとご機嫌のヨンコ。

ごきげんその2



ご機嫌な私。

ごきげん


そうそう職場の同期三姉妹の次女が一緒だったので、私の写真も撮ってくれたの。よっぽどご機嫌に見えたんでしょうな






家でDVDではなく、スクリーンで観ることの醍醐味みたいなものを思い切り味わいました。




アナと雪の女王、最高でした




・・・・・・また観に行きたいなあ(笑)










茶美。

茶美♪


映画にトナカイが出てくるのですが、そのトナカイを見ていると茶美に会いたくなりました



帰ってから思いっきりなでなでしてやったわ~~









ランキングに参加しています。
ポチポチポチっとしていただけると、とっても励みになります♪


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

わぉ!



本日夕方、義実家から帰ってまいりました。

この週末寒かった~。

義実家では、いつも以上に、


とにかく寝た。



ちょっとあんた、そりゃ寝過ぎでしょっ?ってくらい、寝かせていただきました

義父母への恩返しとして、将来子供たちが結婚したときには、


心おきなく寝られる義実家


になることを誓おうと思います






ところで、金曜日、義実家へ行く前に、私たち家族4人で、映画を観てまいりました!

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦
映画ドラえもん


映画館で、映画!!


なんとワタクシ、


12年ぶり



12年前の誕生日に、machaにサプライズで、京都の古めかしい映画館に連れて行ってもらって以来の、映画館でございました!


最後の映画館が古めかしい建物だったせいかもしれませんが、びっくりしましたねー。


何がびっくりって、


めっちゃオシャレやん!!


映画館というよりも、シネコン?って感じ??← よくわからなくて自信なし


予告とか、上映中の注意とかも、昔より遊び心満載で(「前の椅子を蹴らないでください」という注意一つも、「どんなにあしが~ながくても~~♪」などと軽くミュージカル仕立て)、完全におのぼりさんの私、


「わぉ!」


いちいち、暗くなっただけで


「わぉ!」


いよいよ始まるぜっってときにも


「わぉ!!」



ちっちゃく叫んじゃってました。



「たのしーーー映画館!!」← まだ始まってもないのに




ヨンコは生まれて初めての映画館だったので最後まで観られるか心配だったんですが、さすが。

ときどき質問を投げかけてきましたが、席から降りることなく、最後まで見終えました



楽しかったです~。


2006年の、「のび太の恐竜2006」以来、新生ドラえもんの映画はすべて、DVDで観てきた私。


のび太くんと、そのときどきのお友達との別れにいつも泣かされてしまうので、今回はばっちりウォータープルーフのマスカラをして臨んだわけでしたが、今回はお別れ自体はなんかあっさりしたもので、泣くところがなかったのが若干残念ではありました。


とはいえ、毎回映画では、のび太くんがかっこいいんですね~。


のび太くんの、なんの計算もない、ただ友達の力になりたいという純粋な、そして強い思いにつき動かされていく仲間たち。


いい作品だと思います。これからも続いてほしいなあ。



映画観て、ごちそう食べて、ぐっすりたっぷり寝た週末。


明日からはまた、元気に働きますよ~~~!!



ランキングに参加しています。
よろしければポチっとお願いします♪


にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村



30人31脚

今朝、いつもミンタが見ているアニメがあるので7時にテレビをつけたら、お目当てのアニメはもうお休みで、違う番組がやっていました。

30人31脚。

みなさんご存知でしょうか?

小学生(5年生か6年生)が、一クラス30人以上で足を結んで競争するんです。
松岡修造さんが司会をされていて、子供たちが横にダ~~~ッと並んで走りぬける、あれです。
CMなどでこの時期目にすることも多いのではないでしょうか?

私は今年、このような偶然ですが初めて見ました。

感想は。



素晴らしい・キラキラ


なかなか顔を洗いに行くタイミングがつかめず(行儀悪いですが布団の中からみんなで見ていたので)、7時から8時半まで見続けてしまいました。さすがに8時半になって、そろそろ動かねば、と順番に顔を洗いに行きましたが。


30人31脚ともなると、ただがんばって走ればいいってものではありません。
なによりもチームワーク、早い子は遅い子をフォローし、遅い子は早い子の足を引っ張らないように練習に励み、みんなでより速いタイムを出すために、試行錯誤を繰り返しながらとにかく練習練習。

私が一番驚いたのは、子供たちと、指導する先生方の顔、どちらもものすごくかっこいい喜び

同じ目標に向かって、仲間とともに必死に這い上がっていく人たちの、表情。目の力。集中力。
甘えとかなれあいのチームワークではけして達成できない目標であるがゆえに、自分に厳しく、他人を思いやって、叱咤しあい、激励しあい、フォローしあいながらの本当のチームワークが作り上げられてゆく様。


感動しました。うるうる涙


本番では転んでしまったり、勝負なので敗退してしまったり、当たり前ですが優勝するのは1チームだけなので、残りのチームはみんな涙するわけです。

でも、ここまでがんばってきたことが、この子供たちの人生に大きな意味を残さないはずがない。
もちろん、先生や、周りの人たちにも、大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。


人生において、こんなに純粋に、必死に頑張れること、あるだろうか。
目標に向かって、こんなにストイックに、しかも人を思いやりながら頑張れることは、本当に素晴らしい。


偶然でしたが、本当にいいものを見させていただきました。

今年見たものの中で、一番かっこよかったです!!きゃー

ミンタと映画 コメディー編

ミンタと楽しめる映画 コメディ編です。

ミンタと洋画編で書いたバック・トゥー・ザ・フューチャーもコメディーですね笑

今回は、そろそろ?クリスマスなので、それにちなみ。

今や州知事になっちゃった、アーノルド・シュワルツェネッガー主演
「ジングル・オール・ザ・ウェイ」です。

仕事一筋のハワードは、息子からの信頼を取り戻すためクリスマスに「ターボマン人形」を贈ることを決意。だが大人気の人形はどこも品切れで・・・。

という、ファミリー・ドタバタ・コメディー。

結婚し、子供ができてから特に、家族もの、特にコメディータッチのものが大好きになりました。
この映画も、笑いあり、アクション?あり、そして最後はほんのり泣かされる出来になってますきゃー

きっと、ミンタの目線と、私やmachaの目線はまったく別なのでしょうが、親目線、子供目線、どちらから見ても楽しめるし、途中のドタバタは何も考えず笑えます。
息子の信頼を取り戻すため、そんなアホなガーンってほど必死にがんばってしまうシュワパパ。
ミンタを溺愛のmachaは、感情移入しすぎて笑い泣きです笑

感動ものなども好きですが、家族で見るには、今はやっぱりコメディーが一番やな、と思いますハート

猿ロック!!!

木曜深夜に放送していた猿ロック。

見ていた方いらっしゃいますか?


3週間ほど前の木曜日、本当にたまたまテレビをつけて、猿ロックと出会いました。

「なんじゃこのドラマ!!おもしろすぎる!!」

と、あわてて連ドラ予約ダッシュ

でも気づけば最終回の2回前だった・・・・・かお

主演の市原隼人くん、いいですねえ。幼馴染の皆さんも、とにかく厳選されたキャスティング!
難しいこともな~んにも考えないで笑えるドラマ。
でもこの完成度の高さはなに??お芝居、テンポ、すべてにおけるこのこ気味の良さはなに??
芸術ですね。

昨日最終回の録画してたのを見て、ああ終わっちゃった・・・とがっくりしてたらすかさず、

「猿ロック ザ・ムービー 公開決定!!」


見るよ見るよ、絶対に見ます!!!!

・・・・・・レンタルでくり抜きハート1


腰が重くてすみません・・・・・
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。