リアル・クローズ 最終話

大型契約を松善にとられてしまった責任をとり、統括本部長を解任され、パリに追いやられた神保部長。
転職のため、イギリスへ飛んだ田淵。

二人のいない中、一から練り直しになったクリスマス商戦のリーダーに任命された絹恵。

一人でがんばらなければ!と躍起になった絹恵は、大切なものを見失ったまま突っ走り、みんなにそっぽを向かれてしまいます。

でも、仲間の言葉で、目を覚ます。


大切なことは、お客様に喜んでもらえること。わくわくを提供すること。
松善に勝つことでは、ないのです。



それに気づいた絹恵は、仲間とともに、素晴らしいクリスマスイベントを成功に導きます。



そして、別れ・・・・・



今回いろいろとなるほどな言葉はありましたが、私のナンバー1は田淵さんのこれにしました絵文字名を入力してください

「人間、思い立ったときが動くとき」

そうでなければ、夢なんて、どんどん現実に埋もれていく―。


神保部長は別れのあいさつの中で、いろいろ素敵な言葉を残しましたが、今回は本当にすべて、洋服を愛する人たちへの賛歌のように思えました。
洋服のもつ魔法を信じて、洋服を愛して、誇りをもって仕事をしていきましょうと。
同じものを愛している者同士、別れても、自分たちはつながっている・・・・

洋服、というものを通して、自分を好きになることができる。
自信さえも引き出せる。
自分の知らなかった自分に、出会うことができる。


このドラマを見ていて、洋服って、いいな、と思えました。
私は別に洋服が好きってわけじゃなかったし、自分に似合う服も、未だわかりません。
でも、次に洋服を見に行く時、洋服を愛している販売員さんに出会えたらとてもうれしいし、自分に何が似合うのか、これからは楽しく、考えてみたいと思いました。

そして、自分の人生も。
女性としての、美しさをあきらめないことも。
出来る範囲のことから。少しずつでも。




ああ~~~~ほんっっっっっっとうに名残惜しい!!号泣
でも、何とも言えずさわやかな気持でもあるんです。

別れは、終わりではない。


そんな気持ちにすらさせてくれた、リアル・クローズ。

いいドラマに出会えました。
大好きなドラマでした。

録画してあるので、背筋を伸ばしたくなった時、また見ようと思います。手書き風シリーズハート





・・・・・・ところが。


第1話だけ録りそこねてる~~~~~!!!!!


バカバカ、私のバカ!!がっくり


てことで、再放送、よろしくお願いします…でへへ
スポンサーサイト

リアル・クローズ(10)

忙しかったですね~今回手書き風シリーズ汗1
一緒に仕事している気分になってしましました。

今回は、前回に引き続き、日本未上陸の人気ブランドを越前屋へ呼ぶためのお仕事。

前回、相手が指定した靴工場をおさえ、契約に向けて順調に進んでいると思いきや、またまたそこに蜂矢の松善が介入してきて・・・・

24時間しか時間がない中、社員一丸となってプレゼンの準備をする絹恵たち。
しかしそんな中、あやに引き続き、神保部長のチーフアシスタント、瑞穂までも、越前屋を去っていく・・・

今回のナイスな一言は、神保部長のコチラ絵文字名を入力してください


「一人で立っていられる人間になって初めて、本当の仲間と出会える」


今回は、神保美姫がどれほど仕事の鬼かがよく見える回でした。

彼女は、部下がやめるといっても決して引き留めない。
部下たちはそれがさみしくて、自分は部長に必要とされていないと思ってしまう。

でも、違うんですね。

神保部長にとって、人生を選択するということには上司も部下もない。
自分が気に入っているからとか、いないと困ることがあるから、というような理由で、彼らの選択を止めることは決してしないのです。

こういう上司だと、飲みに誘うと絶対断らない社員のほうがボーナスがいいとか、媚びるのがうまい人の方が昇級が早いとか、そういうことは一切ないでしょうね~。


本当に強い人って、こういう人なんだろうと思いました。


私自身は、絹恵の気持ちよく分かるし、神保部長ほど強くなくてもいいと思います。弱くて、寄りかかりたくなっちゃうときなんて、だれにでもあると思うし。そういう弱さも含めて人間だと思うから。

でも、一人で立っていられる人間でいたいと思うし、子供たちにもそうなってほしいと思います。

精神的な話です。

自分自身の役割を、しなければいけないこと(したいこと)を、自分の頭でしっかり判断して、自分で歩いていける人。
そうでなければ、本当にいい出会いはなく、成長もないと思っています。
依存ありきでは、せっかく誰かと出会っても、いい関係は作って行けないんじゃないかと。

依存、と、自分の道を進む中で誰かに助けてもらうのとは、全然違いますからね。

一人で立っていられる人間じゃないと、誰かと生きていくことも、誰かに助けられたとき心から感謝することも、難しいのではないでしょうか・・・


話がそれまくりになってしまいましたが、リアル・クローズ、いよいよ次週最終回です!じー
大きな契約を逃してしまった越前屋。田淵も去る?神保部長も去る?

絹恵は、どういう道を選ぶのでしょうか・・・うるうる涙

めちゃめちゃ名残惜しいけど、最終回もじっくり見ます!!


それにしても黒木瞳さん、歩くのも話すのも早!!
感服いたします・・・・・絵文字名を入力してください

リアル・クローズ(9)

ライバル松善百貨店と天萬百貨店の合併計画により窮地に立たされる越前屋。
さらに、松善と組んでいるライバルバイヤー蜂矢の策略により、有能なスタッフが次々と引き抜かれていきます。

神保部長の作戦は、日本に未上陸の人気ブランドとの専属契約をとりつけること。

そのために、ブランド側が指定してきた下町の靴工場との契約を取り付けるのが、今回の絹恵の仕事です。

実はこの靴工場こそ、昔百貨店の一社員だった神保部長と、蜂矢の父である、神保部長の恋人とが出会った場所だったのです・・・jumee☆surprise5


今回のなるほど~な一言は、神保部長のこれ絵文字名を入力してください

「人生で一番大事なことは、誰と出会うか

たとえその結末が、別れであったとしても・・・・・


深い号泣


でも、今回の私的ナンバー1は田淵さんのこれ!!絵文字名を入力してください

「あばよ!!」


柳沢慎吾かよ~~とか心の中で突っ込みつつ、キュートすぎてキュン!手書き風シリーズ二個ハート


今回は、神保部長と蜂矢との関係がはっきりしましたね~。

蜂矢は、神保部長が父を捨てたことによって、負け犬路線を走って行ったと思っているようです。
お父様、借金を残して逝かれたってことで、苦労もたくさんしたんでしょうね。

でも、実際は、チャンスを前に迷っていた恋人の、背中を押したのは父だった・・・。


神保美姫への恨みを糧に、ここまで上り詰めてきた蜂矢。
それはそれで、すごいエネルギーですね。

でも、蜂矢自身は、幸せなんでしょうかね・・・絵文字名を入力してください

神保部長は、別れを選択しながらも、蜂矢の父への愛、蜂矢の父からもらった愛を無駄にしないよう、後悔のないよう、自分の人生を突き進んできたんですね。


おっと忘れちゃいけない、絹恵は田淵に、新たな恋の予感羅琉 ニヤリ

来週は、絹恵の信頼している人物が越前屋を去っていく?!
田淵も?!凌さんも?!

目が離せません~~~かお

リアル・クローズ(8)

いや~おもしろかったです。第8話。

今回の絹恵の仕事は、独学のニットデザイナー(オネエ系)との契約を取り付けること。
(もう契約はできていたようですが、「急病」によりキャンセルされたのを呼び戻すこと)

オネエ系のニットデザイナーは、絹恵たちのライバルのバイヤー、蜂矢の色仕掛け?にすっかりメロメロで、越前屋との仕事をキャンセルしてしまいます。
絹恵は体当たりでなんとか契約を取り付けるべく奮闘しますが、チーフバイヤー田淵は、あきらめて他のデザイナーとの契約を取り付けます。
その判断を、神保部長に「うまくなったわね」と言われ、複雑な田淵・・・矢印

田淵は、婚約者にふられ、腑抜けになってしまっていたのです。

最終的には、絹恵の言葉や、態度に目を覚ました田淵が、本気でしかけた裏工作によって、ニットデザイナーとの契約にこぎつけます。

今回のなるほど~な一言は、神保部長絵文字名を入力してください


戦い方には、その人の生き方があらわれる

なるほど~グー!

今回は最初からけっこうばたばたとコメディータッチな中に、田淵の婚約者への想いや、アシスタントバイヤー・ニコリンのボスへの思いなど、ほろりとさせられる場面もあり。
オネエ系のニットデザイナーさんもよかった。
バイヤー蜂矢の闇の部分もいつもよりクローズアップされていましたね。小泉孝太郎さん、なかなかよかったですよ。グー!

・・・ってえらそうでね、すみません。

次回は大きな動きがありそうです。

話が進んでいくごとに、はまっていきます、このドラマjumee☆faceA114L1
田淵さん、好きだなあハート

リアル・クローズ(7)

今回は、絹恵が新たな服への挑戦・・・ヤングカジュアル売り場の責任者になったところから。

ヤングカジュアル売り場のお話自体は、私には「ふ~ん」という感じでしたが。
今回、チーフバイヤーの田淵さんが、失恋で意外にも大きな痛手を受けているところが、気になっちゃいました。

なるほど~な一言は神保部長のこれダウン

かけがえのない人になりたいなら、一人を受け入れる覚悟をもつこと

ココ・シャネルの言葉らしいです。

歴史に名を残すほどの人は、そうかもしれないな・・・と思いました。
おそらくは、神保部長自身の人生の中で、心に留めてきた言葉なのでしょうね。
今後は神保部長の秘密?も明らかになっていくのでは?バイヤー蜂矢さんとの関係は??

楽しみですにこ

でも!

次回はなんと、私の好きなチーフバイヤー田淵さんが、越前屋をやめる???!!!

やめないで~~~号泣

あと、なるほど、でもなんでもないですが、神保部長が田淵に放った一言

「あなたは社員たちに動揺が走らないよう引き締めて。

・・・・・おなかもね

けっこう好き笑顔
GO TOP